離婚と任意売却

任意売却は、離婚前と離婚後どちらが良いですか?

離婚前がベストです!特に、夫婦の共有名義で自宅を購入されているケースでは、両者の同意がなければ任意売却はできませんので、互いの感情が離れてしまった離婚後となると、コンタクトを取ることさえままならず、手続きをスムーズに進めることが難しくなるのは目に見えています。

また、時間の経緯とともに相手先と連絡が取れなくなることも考えられます。さらに、離婚前に任意売却せず、妻子がそのまま住み続け、家を出た元夫が住宅ローンを支払っていく約束であったにも係わらず、離婚後の生活難から元夫が住宅ローンを滞納してしまい、住んでいた妻子が強制退去させられてしまう・・・といったケースもよく見受けられます。

こうした理由から、離婚前に売却した方がお互いのためになると思われます。

離婚をきっかけにローンが残る家を売却処分できますか?

はい。任意売却ならローンが残っている家でも売却することは可能です。
しかし、以下の点において注意が必要です。

①妻が連帯保証人だった場合
離婚したからといって、連帯保証人の責務を逃れることはできません。
離婚協議の際に元夫が住宅ローンは自分が払うと約束したにも係わらず、離婚後、元夫がローンを滞納してしまったりすると、連帯保証人である元妻に支払い義務が生じます。

②夫婦共有名義のまま離婚した場合
たとえば、元夫が家を明け渡して妻と子供が住み続けたとしても、住宅ローンの名義人が共有(妻は連帯債務者となる)のままであれば、連帯債務者である元妻のところへ請求が来ることになります。以上のようなリスクを回避するためにも、離婚前に家を任意売却で清算しておくことをおススメします。

離婚で家を出た元夫が住宅ローンを払わず、競売通知が・・・

元夫が住宅ローンを支払い続ける約束を交わし、妻と子供がそのまま家に住み続けるケースは多く見受けられます。それにも係わらず、離婚後、元夫が住宅ローンの支払いをと滞らせてしまって、トラブルになるケースが激増しています。

別れた後、元夫と連絡を取り合うことは少ない妻側は、元夫が住宅ローンを滞納してしまっていることに気づかないまま、裁判所から競売開始決定通知書が届いて初めて、現状を知ることになります。こうなると妻側は寝耳に水で、どうすれば良いかわからずパニック状態に陥ってしまいます。

競売は法に則った手続きです。居住者(妻)の意思に係わらず、対象物件を速やかに競売に掛け、少しでも債務を回収することが目的ですので、買主が決まれば、居住者は引越し先が決まっていようがいまいが関係なく、強制退去させられてしまうことになります。
こうした最悪の事態を回避するには、競売開始決定通知書を受け取った時点で、速やかに任意売却の手続きを開始する必要があります。任意売却なら、残債(売却した後に残った債務のこと)を少なくすることができる上に、引っ越し費用を捻出することも可能です。

少しでも有利な条件で売却するためにも、一刻も早く信頼のおける任意売却のプロに相談されることをおススメします。