夫が多重債務で離婚


Mさんは5年前にご結婚され、結婚と同時に新築の戸建てを購入されました。2,500万円の住宅ローンはMさんの名義で奥様は連帯保証人になられています。お子さんも授かり何かとお金のかかる生活に、この2,500万円の住宅ローンは早くも生活を圧迫していたようです。Mさんはあまりお金の管理が上手ではなく、お小遣いが足りなくなるとカードローンを繰り返していて、気が付くとカードローンの返済が追い付かないほどになっていました。

多重債務で離婚
奥様にも多重債務が発覚し、夫婦仲も悪くなってしまい離婚へと話が進んでしまったそうです。まだ住宅ローンやその他の債務について滞納はしていないそうですが、もう時間の問題ということで、ご相談にこられました。任意売却手続きについてのスケジュールやメリット・デメリットについてもお話しましたが、奥様は子供に迷惑をかける前に離婚をして、連帯保証人からも抜けることを条件とされたそうです。

連帯保証人を奥様から実兄へ
Mさんは、奥様に迷惑が及ばないように、連帯保証人を奥様から実の兄に名義変更するよう、実のお兄さんに了解をとりつけたそうです。任意売却はそのデメリットとして、名義人は信用情報機関に掲載されます。連帯保証人は主債務者と同順位でその債務の責任を負うことから、連帯保証人も同じく信用情報機関に掲載されることになります。このようにご説明さしあげると、実兄にそのリスクを負わせることはできないということになりました。

《まとめ》
Mさんは、また考えてみますということですが、任意売却で住宅を処分した後に、その他の債務について個人再生等を考えてみますとおっしゃっています。Mさんは、滞納する前にご相談してくださっていますので、余裕をもって対応することが可能となっています。
様々な選択肢も考えられますので、早めのご相談をお待ちしております。