離婚の際、残余財産は必ず分配しなくてはならないの?


相談者のTさんは、近々離婚を予定されているそうです。結婚15年目で残念ながら離婚されることになったそうです。奥様は現在お住いのマンションは売却して残余財産の分配を望んでおられるようです。

築15年目のマンションはアンダーローン物件
ご結婚と同時に購入されたマンションは東京都内で立地も良く人気のエリアです。資金的に余裕があったことから、購入時に頭金として物件価格の40%ほどを入れられたそうです。
その効果も大きく、都心マンションのバブル化もあり相当な売却益は見込めるようです。
アンダーローン物件ということです。売却額が住宅ローンの残債を大きく上回る物件です。
奥様はこのことを承知で売却を望んでいるようです。

相談者Tさんは住み続ける意向です
Tさんはこの物件に住み続けたいそうです。Tさんの単独名義でもあり、なにしろ都心のたいへん便利な立地で手放す気はない様子です。奥様は売却して残余財産の折半を望んでいらっしゃるようですが、必ず売却して折半する必要はありません。あくまでも、離婚時のご夫婦のお話合いということになります。お話がまとまらない場合は離婚調停等で調整することになるようです。

《まとめ》
今回Tさんには、離婚時の住宅の取り扱いについてご相談いただきました。離婚時の住宅やその債務の取り扱いは大変難しい問題が絡みます。住宅ローンという巨額の債務は離婚されたからといってその責任から逃れることはできません。

今回は幸運にもアンダーローン物件でしたが、頭金を多く入れられていたことと、都心のマンションバブルという幸運が重なった案件です。通常の案件では、住宅を売却しても残債が残ってしまうオーバーローンの案件がほとんどです。

住宅ローンについてお悩みがありましたら、是非、任意売却119番までお電話いただければ幸いです‼