離婚後、妻が家に住み続ける場合の問題点

住宅ローンの名義夫婦共有の場合
離婚後、妻が引き続き住み続けたいというご相談はたいへん多くあります。しかし、夫婦共有名義等の場合はそう簡単にはいきません。離婚後、家の名義を妻に変更したいと考えることが多いようです。しかし、家の名義を変更するには、契約上住宅ローン※債権者である銀行等の同意が必要となるのが一般的です。銀行等によっては、「住宅ローンを完済するまで所有名義人の変更を認めない」こともあるので、財産分与による妻への所有名義変更が難しい場合が多くあります。

オーバーローンの場合や、所有権の名義変更を求める妻の年収が低い場合(パート収入など)、債権者の同意を得ることは難しくなります。妻に夫なみの収入があり、債権者である銀行等に返済能力を認めて貰えることができれば、名義変更も可能になると考えられます。

※債権者(さいけんしゃ)とは、債務者(さいむしゃ)お金等を借りている人に対して、返済してくださいと請求することができる権限を持つ人のことで、簡単に言うと、お金を貸している人をいいます。

金融機関が名義変更を認める場合
・住宅ローンを完済する
資金を工面して、夫100%や夫婦共有名義の住宅ローンを完済すれば、金融機関は問題なく名義変更に応じてくれるでしょう。

・住宅ローンを借り換える
離婚後に家に住み続ける妻が、新たに別の銀行で住宅ローンを申込み、借り入れたお金で、夫名義の住宅ローンを完済します。
そうすれば家の名義を妻に変更し、あとは妻が住宅ローンを返済していく方法です。
ですが、この方法は先にも述べた通り、妻に住宅ローン審査を通過する収入がなければ
難しいといえます。