離婚と連帯債務(保証人)

夫婦で連帯債務又は連帯保証人としていた物件(マイホーム)の離婚後の取り扱いは難しいことが山盛りです。単独名義としていないのは経済的な理由がほとんどです。
離婚後、世帯の収入はどちらも減少します、世帯収入が減少した住宅ローンの名義変更等は
難しいと言えます。

妻が連帯保証人だった場合
離婚したからといって、連帯保証人の責務を逃れることはできません。
離婚協議の際に、養育費のかわりに元夫が住宅ローンは自分が払うと約束したにも係わらず、離婚後、元夫がローンを滞納してしまったりすると、連帯保証人である元妻に支払い義務が生じます。

夫婦共有名義のまま離婚した場合
たとえば、元夫が家を明け渡して妻と子供が住み続けたとしても、住宅ローンの名義人が共有(妻は連帯債務者となる)のままであれば、連帯債務者である元妻のところへ請求が来ることになります。以上のようなリスクを回避するためにも、離婚前に家を任意売却で清算しておくことをおススメします。

任意売却成功後の残債
先日のご相談では、任意売却成功後の残債について、連帯保証人に残債の請求が来ていというご相談がありました。5年前に任意売却が成立した方で、元妻さんが連帯保証人となっている案件でした。例にもれず離婚されたからといって元妻さんは連帯保証人の地位から抜けることはできていませんでした。

5年間誠実に残債を払い続けていらしたそうですが、5年後に突然債権者(サービサー)から、元妻さんに残債についての請求があったという事です。主債務者の相談者さんへの残債の返済請求はなかったということですが、毎月の返済額の増額要求はあったとおっしゃっていました。

残債に遅延損害金としての利息が加算されていると、一生その返済が終わることはありません。年利14.6%の金利で残債が増えつづけることとなります。